ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第624回 「第102回配布:優位性持続の仕組みとは-2」

オープンコース案内

  • 第624回 「第102回配布:優位性持続の仕組みとは-2」

     第624回 「第102回配布:優位性持続の仕組みとは-2

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、

    近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

    どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、

    安値競争の泥沼に入るといわれています。

    ということは、現在の経営環境においてイノベーションを

    戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。

     今回は、「第102回配布:優位性持続の仕組みとは-2を解説します。

     

    もう一方の新しい満足を生み出す「イノベーション」の組織機能の仕組み作りは、
    「マーケティング」の組織機能が前提で存在する。

    ◆実践知リーダーは「実践知+思い+右脳思考」リーダーでなければならない
     イノベーションを起こすリーダーには実践知は前提の能力であるが、
    共通善を実現していくための強い思いを有していなければならない。
    さらに、顧客のニーズをコト思考で捉える能力が求められる。
    コト思考は、多くのイノベーション発想を生み出す環境が作れることができる。
     注:お客様は単に商品を消費するため(モノ)に購入するのではなく、それを購入する場合に
       「それを使用することでどのような良いこと」(コト)があるかを期待しています。


    ◆イノベーションサイクルが常に回る仕組みを作る
     イノベーションサイクルとなるSECIモデルのスパイラルアップに対応して、
    気づきの「場」、事業コンセプトにする「サークル」、目標達成を具体化する「チーム」、
    事業拡大・維持に向けた「グループ」がある。
    共同体が組織横断的な組み合わせが必要になるとき、
    リーダーやマネジャーが適切に判断し、アイデアが継承さるスパイラルアップ
    の仕組みを支援する風土を作ることである。

    上述の組織の仕組みが出来上がり、イノベーションによる新規事業が成功裏に
    運営されたとしても、成功した組織は次の新たなイノベーションの「場」の機能を
    停止させ、硬直化させる病根を持つという。いわゆる大企業病である。
    この組織が持つ特徴を「企業のライフサイクルと組織の硬直化」を取り上げることにする。


    回は、「第103回配布:企業のライフサイクルと組織の硬直化を解説します。

     

     

    ======================================================PR============
    IT経営実現の実践本「新IT経営の最新知識 PGL Ver.3.0対応」の発売をいたします。
     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html

    =======PR===========================================================

    ======================================================PR============

    日本の古代史とその文化 シリーズ1を開催します。

    ご興味のある方は詳細をご覧ください。
      こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/book/sox-book/post-115.html

    =======PR===========================================================

     

    【清明(せいめい)】 320
    清明とは二十四節気の中でも春の第五節気です、その意味はすべてのものが
    清らかで生き生きするころ。このころ、天地がすがすがしく明るい空気に満ちるといいます。
    転じて清く明らかなことの意味にも使われます。

    <
    清明の頃の行事>
    *朧月夜(おぼろづきよ)
     春の夜にほのかに霞んでいる月の様子をいいます。
     『源氏物語』に登場する朧月夜は、あでやかで奔放な美女で、物語では珍しく、
     光源氏との激しい恋が描かれています。
     名前の由来は和歌「照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしく(似る)ものぞなき」
     からきています。この時季、月が霞んで見えるのは、中国から飛んでくる黄砂の影響とか。

    *春雨
    この時期にシトントと降る、弱い雨のことを「春雨」といいます。
    これから芽を出す草本にとっては恵みの雨ともなるのですが、
    その一方で、すでに咲いている桜の花などを散らすことから、
    「花散らしの雨」とも呼ばれています。

      *虹
    冬と春先の乾いた空気から、次節気の「穀雨」が近い」とが感じられ、
    雨の季節になると虹が現れ始めます。本々が色づき、花が色とりどりに咲くなか、
    虹の出現によって、空もまた色づいて世の中がますます明るくなっていきます。

    (日本の行事を知ろう!オーライ!ニッポン)

     

       【新着情報】
    ======================================================PR================
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR=============================================================================================================PR=============================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================


    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内