ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第655回 「第2回配布:COBIT5記述の特徴」

オープンコース案内

  • 第655回 「第2回配布:COBIT5記述の特徴」

     ~ITコンサルタント養成講座~

     第655回 「第2回配布:COBIT5記述の特徴」

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。


    COBIT5の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
    また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
    IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     

     

     今回は、「第2回配布:COBIT5記述の特徴」をお届します。

     

    COBIT5の中核資料の記述は従来のCOBITシリーズの記述と比較して
    格段にその分量が増えたこと、いろんな専門の執筆者が必要になることから
    中核資料および各資料の記述に特徴が出てきています。
    COBIT5
    はこの特徴を踏まえて読み進める必要があります。
    以下に3点ほど特徴例を上げておきます。

     

    ◆米国流思考と日本的思考の違いがかなり強く表れている
    全般を通して言えることですが、米国にある個人主義や
    グローバル思考が根底にありますし、目標を前提としたトップダウン思考を
    前提に読み進めることが必要です。
    目標を設定し、現状調査をしギャップ対策として方策を作るという思考の流れです。
    一般に、日本の企業では現状調査をして妥当な目標を設定していきます
    ので思考の切り替えが必要です。

     

    ◆中核資料のサンプルは定義事項や手続きの参考と捉える
    各中核資料には、影響要因定義や作業・手順の定義で活用し易さを
    配慮してサンプル定義が掲載されています。
    しかし、あくまでもサンプルなので、内容の妥当性や整合性は余りありません。
    また、資料間の整合性も若干ずれているところがありますので、
    詳細記述は定義事項や定義手順の参考程度に留めるのが良いと思います。

    また、事業体のITガバナンスと事業体に焦点を当てるなら
    ユーザー業務プロセスに焦点が当たるはずですが、サンプルは
    IT
    部門プロセスのイネーブラー(影響要因)のみに焦点が当てられます。
    最も、各事業体の業務プロセスに焦点を当てることは不可能なのかもしれません。
    各事業体の共通プロセスとして取りあげることができる
    IT
    部門の業務のみが取り上げられています。

     

    ◆学術的表現が多用されている
    従来のCOBIT資料や著書と比較して表現が学術的です。
    具体的かつ断定的表現は少なく観念的表現が多く見受けられます。

    その理由の一つはCOBIT5が世界の種々のITガバナンス標準をすべて統合し、
    上位整合性を目的レベルで整合性を合わせをしていることにあると思います。
    前提知識も増え、表現が包括的・観念的にならざるを得ないということでしょう。

     

     

    次回は、「第3回配布:COBIT5ITガバナンスの定義」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【小雪(しょうせつ)三候】 

    二十四節の小雪は、より寒くなり、雪が降る始める時期です。新暦では11/22頃です。 

     

    11/23の勤労感謝の日は、もとは新嘗祭(にいなめさい)という祭日で、
    秋の収穫に感謝をする日でした。今でも神社などで行われている行事です。
    旧暦でいう10月は、新暦だと11月~12月にあたります。
    この頃に今までの寒さがうそのような、暖かい日差しが現れることがあります。
    それを小春日和と言います。

    *初候:虹蔵不見(にじかくれてみえず) 11/22-26
    曇り空が多くなる頃。陽射しが弱まり、虹を見ることが少なくなります。
    見ることができても、夏の空のようなくっきりとした虹ではなく、
    ぼんやりとすぐに消えてしまいます。

    *次候:朔風払葉(さくふうはをはらう) 11/27-12/1
    冷たい北風が、木々の葉を落とす頃。朔風とは北風のことです。
    地面いっぱいに広がる落ち葉と、葉を落とした木々は冬の景色の象徴であり、
    季節の移り変わりが感じられます。

    *末候:橘始黄(たちばなはじめてきなり) 12/2-6
    橘の実が黄色くなっていく頃。橘とは柑橘のことで、古くから日本に自生していました。
    常緑植物であることから「永遠」を意味するとされ、不老不死の実だといわれていたようです。

    *旬のもの:蟹すき鍋(魚)、翡翠(かわせみ:鳥)、蜜柑(果物)、菠薐草(ほうれんそう)
          、新嘗祭

     <翡翠(かわせみ:鳥)>鮮やかな色から、「青い宝石」や「渓流の宝石」と呼ばれています。
    この色は構造色といい、翡翠の色素によるものではなく、光の加減で青く見えています。

     (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR=============================================================================================================PR=============================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================


    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ