ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第670回 「第17回配布:COBIT5原則の考え方(原則1)-1」

オープンコース案内

  • 第670回 「第17回配布:COBIT5原則の考え方(原則1)-1」

     第670回 「第17回配布:COBIT5原則の考え方(原則1)-1

    おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    COBIT5の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
    また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
    IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html


     今回は、「第17回配布:COBIT5原則の考え方(原則1)-1をお届します。 

     「原則1:ステークホルダーのニーズを充足 
       事業体は、ステークホルダーに向けて価値を生み出すために存在している。
       COBIT 5 は、IT を使った事業価値の創出に影響を与える7つのイネーブラー、
       必要な
    すべての「プロセス」と、その他の6つのイネーブラーを提供する。

       また、達成目標のカスケード(展開)で、事業体のステークホルダーにニーズ
       から達成目標を、管理可能で固有の
    IT の達成目標へ変換し、プロセス、
       実践手法に絞り込む手続きを提供している。

     

    原則1のテーマは「ステークホルダーのニーズを充足」です。
    上記の原則で述べていることは「価値創出」、「すべてのプロセスと
    その他のイネーブラーの提供」、「カスケード(展開)によるカストマイズ」の3点です。
    如何に解説しましょう。

    「価値創出」とはCOBIT5は事業体のITガバナンスが目的ですので、
    事業体の価値を創出することです。事業体の価値創出とは、
    ステークホルダー(利害関係者)のニーズを充足し、
    その価値を高めることであると述べています。

     

    最も重要なステークホルダーは顧客と経営者ですので、その観点で価値創造を捉えます。
    顧客の価値は顧客満足度を高めることですから、
    適正な価格で、品質が良く、適時の納期でサービスを受けること
    などの機能を高めることがその価値になります。

     

    経営者の立場での価値は、事業の「リスク」を最小にし、
    経営資源である「リソース」を経済面と対策のバランスを最適化し、
    売上や利益を高める「効果の実現」を達成することがその価値となります。

     

    ステークホルダーの価値創造を図るには、
    この両者の満足を高めることですから、顧客の満足度を向上し、
    事業体の価値を向上させる事業戦略とIT戦略を策定していくことが必要になります。

     

    次回は、「第18回配布:COBIT5原則の考え方(原則1)-2」を解説します。

     

     

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆ 
     こちらです⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================
    ========================================================PR====

        ◆◆ 古代史セミナー・シリーズ4:「神武東征と国つ神」 を実施します◆◆

         こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/sox-book/post-116.html

    ===PR=========================================================

     

     

     

     

    【春分(しゅんぶん) 三候】 

    初侯:雀始巣(すずめはじめてすくう)320日頃
    雀が巣を作り始める頃。
    俳句や民話、童謡にも用いられ、日本人にとって古くから身近な存在である雀ですが、
    最近では生息数が少なく、貴重な存在になっています。

    次候:桜始開(さくらはじめてひらく)325日頃
    全国各地から桜の開花が聞こえてくる頃。
    本格的な春の到来です。きれいな桜の木の下で、自然に感謝し春を祝福しましょう。

    末候:雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)330日頃
    春の訪れとともに、恵みの雨を呼ぶ雷が遠くの空で鳴りはじめる頃。
    季節の変わり目であり大気が不安定であることから、雪や雹を降らせることもあります。
    「春雷」(しゅんらい)は「虫出しの雷」とも呼ばれています。

    旬のもの:土筆(つくし:野菜)、帆立貝(さかな)、チューリップ(花)、桜餅(お菓子)、暁と曙(言葉)
    [
    暁と曙] 
    暁は夜が明け始める前のことであり、夜の終わる頃とも言われています。
    曙は夜が明け始め空が明るくなり始める頃です。
    曙は「夜が明ける」と「ほのぼのと明ける」という言葉が組み合わさってできた言葉です。
    清少納言は「枕草子」で、『春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、
    紫だちたる雲の細くたなびきたる』と詠みました。
    暦生活 

     

     

     

     【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ==========
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR=================================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR===================================================================
    ======================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================


    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================ 

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内