ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第693回 「第40回配布:COBIT5 Frameworkの内部ステークホルダー」

オープンコース案内

  • 第693回 「第40回配布:COBIT5 Frameworkの内部ステークホルダー」

         ~ITコンサルタント養成講座~

      第693回 「第40回配布:COBIT5 Frameworkの内部ステークホルダー


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

      COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
      また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
      IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

    今回は、「第40回配布:COBIT5 Frameworkの内部ステークホルダーをお届します。

     

    (2) 内部ステークホルダー

    ・取締役会:事業体のガバナンスに対する説明責任があり、リソース全体を管理する、
    事業体の最上級経営幹部または非常勤取締役のグループ。

    CEO:事業体の全体的なマネジメントの責任を負う最高幹部。

    CFO:財務リスク、財務コントロール、信頼性の高い正確な会計を含む、
    財務管理のすべての側面に対する説明責任がある、事業体の最上級幹部。

    ・最高執行責任者(COO): 事業体の運営に関して説明責任がある、
    事業体の最上級幹部。

    CROChief Risk Officer): 事業体全体のリスク管理の全側面に関して
    説明責任がある、事業体の最上級幹部。IT 関連のリスクを監督するために、
    IT
    リスク責任者の機能を設置する場合がある。

    CIOChief Information Officer): IT と事業戦略の整合をとる責任があり、
    事業体の目標をサポートするための IT サービスとソリューションの提供の計画、
    リソース供給、管理の説明責任を負う、事業体の最上級幹部。

    ・最高情報セキュリティ責任者(CISO):あらゆる形態の事業体の情報セキュリティ
    に関して説明責任がある、事業体の最上級幹部。

    ・事業部門の幹部:特定の事業部門または子会社の運営について説明責任を
    負う上級管理者。

    ・ビジネスプロセスオーナー:目標を実現し、プロセス改善を推進し、
    プロセスの変更を許可する、プロセスのパフォーマンスについて説明責任のある個人。

    ・戦略(IT エグゼクティブ)委員会:取締役会が、
    主要な IT 関連事項や決定に関与し、情報を得ていることを保証するために、
    取締役会によって任命された上級幹部のグループ。
    この委員会は、IT によって実現された投資、IT サービスおよび
     IT
    資産のポートフォリオの管理に説明責任があり、価値が提供され、
    リスクが管理されていることを保証する。
    この委員会は、通常、CIO ではなく、取締役会のメンバーが議長を務める。

    ・(プロジェクト/ プログラム)ステアリングコミッティ:計画のマネジメントおよびモニタリング
    、リソースの割り当て、効果と価値の提供、プログラムとプロジェクトリスクの
    マネジメントを含む、プログラムとプロジェクトのガイダンスについて
    説明責任を負うステークホルダーと専門家のグループ。

    ・アーキテクチャ委員会:エンタープライズアーキテクチャ関連の事項と決定に
    関するガイダンス、およびアーキテクチャのポリシーと標準の設定に関して
    説明責任のあるステークホルダーと専門家のグループ。

    ・事業体のリスク管理委員会:エンタープライズリスクマネジメント(ERM)の
    アクティビティと決定をサポートするために必要な事業体レベルでの協働作業
    と合意形成について説明責任がある事業体の幹部のグループ。
    IT
    リスクをより詳細に考慮し、事業体のリスク管理委員会にアドバイスするために、
    IT
    リスク委員会を設置する場合がある。

    ・人事責任者:事業体内のすべての人的資源に関する計画やポリシーに関して
    説明責任を負う事業体の最上級幹部。

    ・コンプライアンス:法令、規制および契約の遵守に関するガイダンスについて
    責任を負う事業体内の機能。

    ・監査:内部監査の取り決めに関して責任を負う事業体内の機能。

    ・アーキテクチャ責任者:エンタープライズアーキテクチャプロセスについて
    説明責任を負う上級管理者。

    ・開発責任者:IT 関連のソリューション開発プロセスについて説明責任を負う上級管理者。

    IT オペレーション責任者:IT 運用環境やインフラストラクチャについて
    説明責任を負う上級管理者。

    IT 業務管理責任者:IT 関連の記録について説明責任を負い、
    IT
    関連の業務管理事項をサポートする責任を負う上級管理者。

    ・プログラム / プロジェクトマネジメントオフィス(PMO):プログラムマネージャーや
    プロジェクトマネージャーをサポートし、プログラムとその構成要素である
    プロジェクトの実行に関する情報の収集、評価、報告を行う実行責任を負う機能。

    ・バリューマネジメントオフィス(VMO):投資機会およびビジネスケースに関する
    評価とアドバイス、価値のガバナンス / マネジメントの方法およびコントロール
    の推奨、投資およびサービスからの価値の維持および創出に関する進歩を
    報告することを含む、投資とサービスのポートフォリオの管理において
    事務局として活動する機能。

    ・サービスマネージャー:特定の顧客(ユーザー)または顧客のグループ(ユーザー)
    に対して、新規かつ既存の製品やサービスの開発、導入、評価と継続的な
    マネジメントを管理する個人。

    ・情報セキュリティマネージャー:事業体の情報セキュリティの管理、設計、監督、
    または評価、もしくはそれらをすべて行う個人。

    ・事業継続マネージャー:事業体の重要機能が、破壊的なイベントが発生しても
    機能することを保証するために、事業体の事業継続性の能力を管理、設計、
    監督または評価する、もしくはそれらをすべて行う個人。

    ・個人情報管理最高責任者:個人情報保護法のリスクやビジネスインパクトを
    モニターし、個人情報保護法の指示が守られていることを保証する
    ポリシーおよびアクティビティの指針を提供し、調整する責任を負う個人。
    データ保護責任者とも呼ばれる。

    次に、中核資料「COBIT5 Implementation」のステークホルダーのサンプルデータです。

     

     

    回は、「第41回配布:COBIT5 Implementationのステークホルダー
    を解説します。

     

     

    ======================================================PR================

     ◆◆新コース「「生産管理システム導入を失敗に終わらせないための研修」◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/post-119.htmll

    ===PR=================================================================== 

     ======================================================PR================

     ◆◆新セミナー「「わくわく式コンサルティング」」を開催売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/strat-act-course/post-24.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆古代史セミナー シリーズ5第2部 「伊勢信仰と大国主(出雲)信仰の神」◆◆

        を1024日から開始します。

    *セミナー内容とスケジュール:http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180907series5ise&izumojinnja1.jpg

     *会場⇒ アイプレスジャパン株式会社:http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja2.jpg

      *申込先⇒ 福 西(TEL080-3918-1880)、 メール:fukunishi@i-press.jpn.com

    ===PR===================================================================

     

    【白露(はくろ) 三候】 

    初侯:草露白(くさのつゆしろし)97日頃
    草花の上に降りた朝露が、白く涼しく見える頃。

    夏から秋への変わり目です。「露が降りると晴れ」という言葉があり、

    朝霧は1日の天気を伝えてくれます。

    次候:鶺鴒鳴(せきれいなく)912日頃
    鶺鴒が鳴きはじめる頃。
    鶺鴒は水辺を好む鳥のため、川の上流域に行くほど多く見られます。
    町なかでは、あまり見かけられないかもしれませんが、
    民家の軒下などにも巣を作ります

    末候:玄鳥去(つばめさる)917日頃
    暖かくなる春先に日本にやってきたツバメが、暖かい南の地域へと帰っていく頃。
    また来年の春先には戻ってくるので、しばしの別れとなります。

    旬のもの:秋刀魚(さんま:魚)、南瓜(かぼちゃ:野菜)、鶏頭(けいとう:花)、梨(果物)
    、中秋の名月(行事)
    [
    秋刀魚]:秋の味覚の代表である秋刀魚。美味しい秋刀魚は皮がピンと張り、
    背が青黒く光っています。頭から背中にかけて盛り上がり、
    口先が黄色をしているのは脂が乗っているあかしです。

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR================

     ◆◆新コース「「生産管理システム導入を失敗に終わらせないための研修」◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/post-119.htmll

    ===PR=================================================================== 

     ======================================================PR================

     ◆◆新セミナー「「わくわく式コンサルティング」」を開催売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/strat-act-course/post-24.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【重点コース】

    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内