ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第695回 「第42回配布:COBIT5 Implementationの内部ステークホルダー」

オープンコース案内

  • 第695回 「第42回配布:COBIT5 Implementationの内部ステークホルダー」

          ~ITコンサルタント養成講座~

      第695回 「第42回配布:COBIT5 Implementationの内部ステークホルダ


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

      COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
      また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
      IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     今回は、「第42回配布:COBIT5 Implementationの内部ステークホルダーをお届します。

     

    (2) 内部ステークホルダー

    ・取締役会と経営幹部:改善プログラムに対する全体の方向付け、状況、目標を
    設定し、事業体の事業戦略、ガバナンス、リスク管理の整合性を確保する。
    取り組 みを支持し促進する役割を含め、取り組みに対する目に見える支援や
    コミットメントを表明する。
    プログラムの成果を承認し、想定した効果が得られ、適切に是正措置が取られた
    ことを確認する。取り組みに必要となるリソース(財務面、人材面、その他)が
    利用可能であることを確認する。経営トップの方向付けを設定し、例示により導く。

    ・事業部門マネジメントと ビジネスプロセスオーナー:中心となる導入チームへ
    相応しいビジネスリソースを提供する。
    改善プログラムの成果が事業体の事業環境に対して整合し適切であること、
    また、価値が提供されリスクが管理されることを確実にするために、
    IT
    部門と共に働く。改善プログラムを見える形でサポートし、
    経験している課題に対応するために IT部門と共に働く。
    導入時および利用への移行の 際に事業部門が十分に関わることを確実に行う。

    CIO:プログラムにおいてリーダーシップを発揮し、中心となる導入チームへ
    相応しいITリソースを提供する。事業部門マネジメントや事業部門幹部と共に働き、
    プログラムの適切な目標、方向性、対応方法を設定する。

    IT部門マネジメントと IT プロセスオーナー:プログラムに相応しい一連の
    作業や導入チームの働きについてリーダーシップを発揮する。
    現在の成果の評価と各種領域のプロセスについての改善目標の設定に対し
    重要なインプットを与える。統合されるべき適切な優れた実践手法へ
    向けたインプットを提供すると共に、専門家の助言を提供する。
    ビジネスケースとプログラム計画は現実的で達成可能であるこ とを確実にする。

    ・コンプライアンス、リスク管理、法務のエキスパート:プログラムを通し必要に応じて
    関与し、関連する課題のコンプライアンス、リスク管理、法務に関する
    インプットを提供する。
    (もし存在すれば)全体のERMアプローチと整合することを確認し、関係する
    コンプライアンスとリスク管理目標を達成し、課題が考慮され、
    効果が得られることを確認する。導入の際には求めに応じてガイダンスを提供する。

    ・内部監査:プログラムを通して求めに応じて参画し、関連する課題の
    監査情報を提供する。 経験している現在の課題に対する助言と統制
    の実践手法とアプローチの情報を提供する。
    ビジネスケースと導入計画の実現可能性をレビューする。
    導入の際に求めに応じガイダンスを提供する。
    可能性のある役割として、独立した立場から評価結果を立証する場合がある。

    ・導入チーム:目標や要件の識別から、ビジネスケースの目標や新しいトリガーや
    更なる導入や改善サイ クルの識別に対するプログラムの実際的な評価まで、
    最初から最後までプログラムを指揮、設計、統制、推進、実行する。
    導入環境から運用、利用、保守環境へのスキル移転を確実にする。

    ・従業員:GEITをサポートする。

     

    COBIT5 Framework」のステークホルダーはITガバナンスの役割に焦点が
     当たっていますが、「COBIT5 Implementation」は、ITガバナンスの関係部門に
     焦点を当てたステークホルダーです。「COBIT5 Implementation」は導入の
     フェーズ単位でそのステークホルダーの役割は変化することになります。

    本来は、この2種類のステークホルダーは、
     事業体のITガバナンス確立の観点では同じステークホルダーになるべきですが、
     役割定義の範囲が若干異なっています。
     両資料での整合性が取れていませんが、自社企業により合致するステークホルダー
     をピックアップして活用すればよいと思います。

    内部ステークホルダーは各プロセスの役割と責任を決めるRACIチャートとして
     IT
    ガバナンスに係るタスク(作業)の役割分担表にまとめることになります。

    (注)RACI チャートでは、誰が実行責任を持つか(R)、説明責任を有するか(A)、協議先か(C)、
    あるいは報告を受けるか(I)を特定した役割分担表です。第4節で詳述します。


    回は、「第43回配布:一つに統合されたフレームワークの適用(原則3)」
    を解説します。

     

     

    ======================================================PR================

     ◆◆新コース「「生産管理システム導入を失敗に終わらせないための研修」◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/post-119.htmll

     生産管理の新刊本の予約が可能に!!

    ⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4526078832/ref=cm_sw_r_fa_asp_Z0ucP.KMRP7J4

    ===PR=================================================================== 

     ======================================================PR================

     ◆◆新セミナー「「わくわく式コンサルティング」」を開催売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/strat-act-course/post-24.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆古代史セミナー シリーズ5第2部 「伊勢信仰と大国主(出雲)信仰の神」◆◆

        を1024日から開始します。

    *セミナー内容とスケジュール:

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180907series5ise&izumojinnja1.jpg

    *会場⇒ アイプレスジャパン株式会社:

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja2.jpg

      *申込先⇒ 福 西(TEL080-3918-1880)、 メール:fukunishi@i-press.jpn.com

    ===PR===================================================================

     

    【秋分(しゅうぶん) 三候】 

    初侯:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ) 9月23日~27日頃
      この頃から、夕立が止んで、雷も鳴らなくなります。
      夏の間に鳴り響いた雷が収まる頃。空にはもこもことした鱗雲があらわれます。
      「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の通り、残暑も落ち着き、秋の気候へと変わっていきます。

    次候:蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) 9月28日~10月2日頃
      虫たちが地中にもぐり、冬籠りの準備を始める頃。
      二月節の「啓蟄」と対になりますね。新暦3月初旬まで虫たちは地中へ籠ります。

    末候:水始涸(みずはじめてかる) 10月3日~7日頃
      水田の水を抜き始め、稲刈りの準備が始まります。
      七十二候では、これからが稲の刈入れ時ですが、
      最近は9月中ごろには稲刈りを終わらせてしまうようです。
      品種改良が進み、稲の実りも刈取りも早めにおこなわれるようになったからでしょう。

    旬のもの:松茸(野菜)、花梨(かりん:果物)、鯖()、金木犀(花)、おはぎ(行事)
    [
    おはぎ]:黒秋分の日にはおはぎがお供えされます。
    春分の日にはぼた餅がお供えされますがこの二つは同じものです。
    春は牡丹が咲くので「牡丹餅」、秋には萩が咲くため「御萩」と呼ばれています。

     (永寿院 田村律子記)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR================

     ◆◆新コース「「生産管理システム導入を失敗に終わらせないための研修」◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/post-119.htmll

    ===PR=================================================================== 

     ======================================================PR================

     ◆◆新セミナー「「わくわく式コンサルティング」」を開催売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/strat-act-course/post-24.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【重点コース】

    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内