ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第694回 「第41回配布:COBIT5 Implementationのステークホルダー」

オープンコース案内

  • 第694回 「第41回配布:COBIT5 Implementationのステークホルダー」

          ~ITコンサルタント養成講座~

      第694回 「第41回配布:COBIT5 Implementationのステークホルダー


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

      COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
      また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
      IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     

     今回は、「第41回配布:COBIT5 Implementationのステークホルダーをお届します。

     

    2.「COBIT5 Implementation」のステークホルダーサンプル

    COBIT5 Implementation」は、ITガバナンスの導入手順書です。
    IT
    ガバナンスのライフサイクルシステムとするための要件定義、計画、実施、
    評価・是正、継続的改善の手続きが7段階(フェーズ)のフェーズごとに定義しています。
     注:COBIT5 Implementationの詳細は第3章で紹介します。

     この手順書の中で、外部&内部ステークホルダーの全体的記述がありますので紹介します。

     

    (1)    外部ステークホルダー

    ・外部ステークホルダー:事業体の経営者は、事業体全体のGEIT
    IT
    サービスプロバイダーが提供するガバナンスおよびマネジメントとの間で
    確実に整合させるべきである。

    ・監督機関:監督機関は、導入プログラムの成果が適用されるすべての法規制や
    コンプライアンス要件を満足しているか、あるいは、満足するような体制と
    仕組みを提供しているかどうかに関心がある。

    ・株主 (該当する場合):株主は、部分的ではあるが、事業体のガバナンス状況と
    この分野での実績を、投資判断の拠り所とする。

    ・顧客:顧客は、GEITの目標が達成されている程度によって
    影響を受ける場合がある。例として、ITに関わるビジネスリスクの管理がある。
    もし事業体について、例えば顧客の銀行口座データの紛失といった
    セキュリティ問題について暴露されたら、顧客は影響を被る。
    顧客は導入プログラムが成功した結果について間接的な関心を持つ。

      注:GEITとはGovernance of Enterprise ITの略称。第3章で詳述する。

    ・外部監査人:外部監査人は、効果的な導入プログラムの結果として、
    IT
    に関わる統制にさらなる信頼を置くことができ、
    また、法規制への準拠性の観点および財務報告に関心を持つ。

    ・ビジネスパートナー(例:サプライヤー):事業体との自動化された
    電子取引を利用するビジネスパートナーは、情報セキュリティ、完全性、
    適時性が改善されているかとの観点で、
    導入プログラムの成果に関心がある可能性がある。また、プログラムの成果として
    考えられる法規制への準拠や国際標準の認証取得に関心がある。



    回は、「第42回配布:COBIT5 Implementationの内部ステークホルダー
    を解説します。

     

     

    ======================================================PR================

     ◆◆新コース「「生産管理システム導入を失敗に終わらせないための研修」◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/post-119.htmll

    ===PR=================================================================== 

     ======================================================PR================

     ◆◆新セミナー「「わくわく式コンサルティング」」を開催売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/strat-act-course/post-24.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆古代史セミナー シリーズ5第2部 「伊勢信仰と大国主(出雲)信仰の神」◆◆

        を1024日から開始します。

    *セミナー内容とスケジュール:

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180907series5ise&izumojinnja1.jpg

    *会場⇒ アイプレスジャパン株式会社:

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja2.jpg

      *申込先⇒ 福 西(TEL080-3918-1880)、 メール:fukunishi@i-press.jpn.com

    ===PR===================================================================

     

     

    【秋分(しゅうぶん)】 9月23日~10月7日


    陰陽の中分となれば也  (こよみ便覧)

      秋のお彼岸の中日にあたる秋分の日。
     初秋の風も爽やかに、過ごしやすくなってきたこの頃です。
     蝉の声も小さくなり、かわりに草むらから虫の音が聞こえてくるようになりました。

     彼岸花もそこここに咲き始めています。

     今年は暦どおり二百二十日の辺りに、
     また、先日の仲秋の名月では美しいお月様を見ることができましたね。

      七十二候のことを文にしはじめて改めて思うのは、
     単純な太陽暦とはいえ七十二候や雑節の確かさです。

     古より大切にされてきた七十二候ですが、
     人々は植物や動物から季節の到来を教えてもらっていたのだと実感しています。


      秋分を迎え、いよいよ秋も深まります。
     「天高く馬肥える秋」の言葉どおり、秋は収穫の季節です。
     多くの生き物は冬に備えて、栄養を体に付けようと動き始めます。
     私たちも秋に食べ物がおいしく感じるのは、そういう自然の摂理に叶っている
     からなのでしょうね。


      昼と夜がほぼ同じになるのが秋分です。
     そして日に日に夜の時間が長くなってきます。
     10月に入ると、大地が徐々に冷えてくるため、大気の状態も安定し、
     風も穏やかに流れます。
     晴れた夜の翌朝には気温が下がり、霧が出ることも。

     

     (永寿院 田村律子記)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR================

     ◆◆新コース「「生産管理システム導入を失敗に終わらせないための研修」◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/post-119.htmll

    ===PR=================================================================== 

     ======================================================PR================

     ◆◆新セミナー「「わくわく式コンサルティング」」を開催売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/strat-act-course/post-24.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================

    ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【重点コース】

    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内