ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第739回「第86回配布:COBIT5のプロセス能力モデル-1」

オープンコース案内

  • 第739回「第86回配布:COBIT5のプロセス能力モデル-1」

        ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第739回「第86回配布:COBIT5のプロセス能力モデル-1

     

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    COBIT5の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
    また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
    IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

     

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     今回は、「第86回配布:COBIT5のプロセス能力モデル-1をお届します。

    COBIT5では、ISO/IEC15504のプロセス属性を取り込み、
    プロセス能力レベルを6段階の「プロセス能力属性」で定義し、
    プロセスの成熟度を表しています。
    6
    段階の「プロセスの能力レベル」の定義を把握することから始めます。
    能力レベル0は生産物なしの「不完全プロセス」として能力レベルの対象と
    していませんので解説対象から外します。
     

    能力レベルは能力レベル1から2までを組織化として認知されていない知識
    「インスタンス(実体)の視点-個人の知識」とし、
    能力レベル3から5を組織的に活動できる知識「事業体の視点-企業の知識」と
    区分しています。

    能力レベル3以上が組織的な能力レベルと言っていることになります。
    プロセス能力レベル2以下の事業活動は企業組織活動とは
    捉えられないということです。能力レベル1から解説していきます。

    能力レベル1: 「実施されたプロセス」と表現します。
    プロセス能力属性は「プロセスパフォーマンス」が達成されていることが
    基本にあり、「形式的にプロセス成果を達成している」状態です。
    この能力レベル1はプロセス能力モデルの基本になりますので、
    若干説明を加えます。
    プロセス能力属性が「プロセスパフォーマンス」ということはプロセスでの
    作業生産物があるということを意味しています。


    当該プロセスには基本的なマネジメント/ガバナンスの何らかの実践手法が存在し、
    インプットとアウトプットが定義され作業生産物があるということになります。
    アウトプットがあるということはプロセスの成果として
    KPI
    が設定されているということです。
    プロセス参照モデルのプロセス定義でも述べましたが、
    プロセスの定義は「実践手法とインプット/アウトプット」、「プロセス目標(KPI)」は
    基本でした。上位のプロセス能力レベルとの違いはこの「実践手法」の精度が
    どの程度高まるかの観点の違いです。

    回は、「第87回配布:COBIT5のプロセス能力モデル-2を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「新IT経営の最新知識 ITC PGLVer.3.1対応版」第1版を発売◆◆ 
    令和元年5月27日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html

     電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0023284002/

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

     

     

    【寒露(かんろ) 三候】 

    寒露とは、夜が長くなり梅雨が冷たく感じられる頃です。

    初稿:鴻雁来(こうがんきたる)108日頃
    ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくる頃。
    雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になるとシベリアの方へ帰っていきます。
    毎年、初めに訪れる雁を「初雁(はつかり)」と呼びます。

    次候:菊花開(きくのはなひらく)1013日頃
    菊の花がさく頃。
    各地で、菊の展示や菊まつり、品評会が行われます。
    菊には不老長寿の薬効があるとされ、旧暦99日の重陽の節句には、
    菊の花を酒に浮かべた菊花酒を飲む風習がありました。

    末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)1018日頃
    蟋蟀が戸口でなく頃。
    この候の蟋蟀は、夏から冬にかけて見られ、
    鈴のような音色を響かせるツヅレサセコオロギだと言われています。
    ギーッチョンと機織りのように鳴く蟋蟀ではありません。

    旬のもの:栗(果物)、はたはた(魚)、青梗菜(ちんげんさい:野菜)、
    柘榴(ざくろ:果物)、体育の日(行事)

    〔はたはた〕秋田の郷土料理にはなくてはならない存在であるはたはた。
    ぶりこと呼ばれる卵には、
    旨味が濃縮されているためねっとりと濃厚です。
    このぶりこによって商品価値が決まります。。

     〔青梗菜〕ミネラル豊富な緑黄色野菜である青梗菜。
    和名では「たいさい(体菜)」と呼ばれています。
    原産地の中国では3000年も前から食べられていました。
    そのため、多くの中華料理に使われています。

     

    (暦生活)

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内