ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第736回「第83回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点」

オープンコース案内

  • 第736回「第83回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点」

     

    ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第736回「第83回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    COBIT5の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
    また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
    IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

     

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     今回は、「第83回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-1をお届します。

     

    前回まではプロセスイネーブラーの特質を述べてきました。
    このプロセスイネーブラーからのアウトプット(生産物)はプロセスの能力によって
    その品質が変化します。
    業務は業務プロセスを通して遂行されますので、プロセス目標の達成は
    このプロセスの遂行能力レベルが大きく影響することになります。
    当然、他の6つのイネーブラーもプロセスイネーブラーの遂行能力を
    向上するために直接的、間接的に関係してきます。
    このプロセスの遂行能力を「プロセス成熟度」と言います。

    COBIT5では、このプロセス成熟度を評価する手法として、
    従来のCOBITで採用していた独自の方法を廃し、
    ISO/IEC15504
    「プロセス能力モデル」を採用し、
    COBIT5Process Assessment Programme」に組み込みました。
     

    (1)  プロセス能力モデル

    ここでは、COBIT5で採用したプロセスの成熟度モデルの「ISO/IEC15504
    の評価方法と評価尺度」と「COBIT5プロセス能力モデル」を取り上げます。
     

    ISO/IEC15504の評価方法と評価尺度

    COBIT5ではプロセス成熟度の評価方法をISO標準に合わせることに
    しましたので、従来のCOBITとは評価の考え方がかなり変更になりました。

    このISO/IEC15504は、SPASoftware Process Assesment)が基礎に
    なっていますのでこの点から進めていきます。

     回は、「第84回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-2を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「新IT経営の最新知識 ITC PGLVer.3.1対応版」第1版を発売◆◆ 
    令和元年5月27日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html

     電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0023284002/

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

     

     

    【秋分(しゅうぶん)】 

    2019年の秋分は、923日~107日です。
    「秋分の日」は、二十四節気の秋分に入る日をさしています。


    太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日で、彼岸の中日です。
    国民の祝日になっており、
    国民の祝日に関する法律で「祖先をうやまい、なくなった人をしのぶ」という
    趣旨になっているのは、お彼岸にお墓参りをする風習を踏まえているからです。

    秋分の日を中日とした前後3日、合計7日間を彼岸といいます。
    春にも春分の日を中日とした彼岸があるので、春のお彼岸(春彼岸)、
    秋のお彼岸(秋彼岸)などと呼び分けることもあります。
    お彼岸のお供えの定番「おはぎ」

    お彼岸にはお墓参りをする風習があります。
    お供えものの定番に「おはぎ」、この時期の花に「彼岸花・曼珠沙華」があります。


    暑さ寒さも彼岸までの秋、スポーツの秋……それぞれの秋を愉しんで
    暦のうえでは立秋から立冬の前日までが秋で、秋分はその中間にあたります。
    秋分の日には昼と夜の長さがほぼ同じになり、それ以降は秋の夜長に向かいます。
    厳しかった残暑に目処がつくため、「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

    秋の趣がひとしおとなり夜も長くなっていきますから、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋
    、物思う秋、食欲の秋……それぞれの秋を愉しんでくださいね。
    また、年によっては中秋の名月(旧暦815日)がめぐってきます。

    (All About 暮らし)

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内