ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第675回 「第22回配布:カスケードステップ3:事業体の達成目標からIT達成目標へ カスケードする」

オープンコース案内

  • 第675回 「第22回配布:カスケードステップ3:事業体の達成目標からIT達成目標へ カスケードする」

                ~ITコンサルタント養成講座~

     

     第675回 「第22回配布:カスケードステップ3:事業体の達成目標からIT達成目標へ
            カスケードする」


    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
    また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
    IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     

     

     

     

      今回は、「第22回配布:カスケードステップ3:事業体の達成目標から
           IT達成目標へカスケードす
    る」をお届します。 

    事業体の達成目標からIT達成目標へカスケードする

    事業戦略に対するIT戦略であるIT達成目標へのカスケードは
    ITバランススコアカード(IT BSC)を活用しています。
    IT BSCBSC4つの視点をITの観点で戦略マップとして戦略目標(IT達成目標)
    を設定する手法ですので、ガバナンス目標をもとにBSC4つの視点で
    IT達成目標が作ることになります。
    事業達成目標とIT達成目標の両軸の関係は両軸項目マッピングでカスケードし、
    関係強度の設定しています。(図1-2-4

    1-2-4はこちら⇒

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180426figure1-2-4%20.pdf

     

     

     

     1-2-4COBIT5 Frameworkの付録B:図表22で提供)は、
    両軸の交点にステップ2と同様に、「P」、「S」で相互関係の強さを表して表示しています。
    1-2-4の「P」の関係からの読み方は以下の通りです。
     事業体の達成目標の「財務の視点」の達成目標である「ステークホルダーから見た
    ビジネス 投資価値」は、IT達成目標の「財務の視点」の達成目標である
    IT と事業戦略の整合性」と「IT関連の意思決定に対する経営幹部のコミットメント」、
    ITを活用した投資とサービスポートフォリオにより実現された利益」にカスケード
    されていることになります。
    顧客の視点以降にも他の3つのIT達成目標が「P」の関係にある事を表したサンプルです。

     

    次回は、「第23回配布:カスケードステップ4 IT達成目標からイネーブラー達成目標へカスケードする」を解説します。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆ 
     こちらです⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

     

     

     

     

    立夏(りっか)】 5月5日頃~

    その意味は、「夏の立つがゆえなり」 こよみ便覧

    この日から暦の上では夏となります。新緑が目に眩しく、一年でもっとも爽やかな季節となります。
    関東はすっかり葉桜ですが、
    こいのぼりが新緑に栄えて気持ちのいい風と共に青空を泳いでいます。
    これからサツキや芝桜が満開になる頃です。菖蒲や牡丹やクレマチス、
    藤の花といった紫色のきれいな花々も咲きはじめます。シャクナゲや薔薇も楽しみですね。

    さて、立夏と聞くと思い出すことのひとつ、唱歌「夏は来ぬ」です。
    私は一番目の歌詞しか覚えていなかったのですが、
    佐々木信綱作詞のこの歌は5番まであります。立夏にふさわしい清々しい詞ですね。

    『夏は来ぬ』
    ()の花の、匂う垣根に
    時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
    忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

     

    さみだれの、そそぐ山田に
    早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
    玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

    (たちばな)の、薫る軒場(のきば)
    窓近く、蛍飛びかい
    おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ

    (おうち)ちる、川べの宿の
    (かど)遠く、水鶏(くいな)声して
    夕月すずしき、夏は来ぬ

    五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
    水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
    早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ

    佐々木信綱作詞・小山作之助作曲

    (永寿院 田村律子)

     

     

     【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ==========
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR=================================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR===================================================================
    ======================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================ 

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内