ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第681回 「第28回配布:カスケードステップ3での留意点1」

オープンコース案内

  • 第681回 「第28回配布:カスケードステップ3での留意点1」

                 ~ITコンサルタント養成講座~

     

     第681回 「第28回配布:カスケードステップ3での留意点1


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


      COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
      また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
      IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

       今回は、第681回 「第28回配布:カスケードステップ3での留意点1をお届します。

    1. IT BSCによるIT達成目標策定の難しさ

    事業体の達成目標からIT達成目標(IT戦略)へのカスケードを
    IT BSC
    を用いて定義しています。
    1-2-5 付録BIT BSCにより策定されたIT達成目標が17個あり事業体の
    達成目標とマッピングされています。

    1-2-5⇒ http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180426figure1-2-5%20.pdf


    事業体の達成目標に対してIT達成目標をどの位置に置くかで下位への
    カスケード(展開)になるか、同位レベルのマッピングになるかが決まってきます。

    COBIT5ではIT BSCを活用していますので両達成目標共にガバナンス目標
    のもとで発想した達成目標がマッピングによってN:Nで関係付けられています。

    この方法は両達成目標をマッピングするので、事業体の達成目標から
    下位構造へカスケードにはなっていません。

    事業体の達成目標にIT達成目標が直結できているのかといった不安が残ります。

    分かり易さの観点で捉えてカスケード(展開)する場合、
    BSC
    展開と同様に、上位の事業体の達成目標からIT達成目標への
    1:Nの展開の方がカスケードによる従属関係が明確になり、
    理解し易く網羅性が出てきます。

    例えば、ある基準を置いて、「ある事業体の達成目標を達成するためには
    どんなIT達成目標が必要か?」とカスケードしていく方法もあります。
    この方法を実践するには事業体の達成目標からIT達成目標への
    変換基準等を設けて展開することになります。

     回は、「第29回配布:カスケードステップ3での留意点2を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
    ◆◆古代史セミナー シリーズ5「神社と神々(熊野大社)」725日から開始します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    申込先⇒ 福 西(TEL080-3918-1880)、 メール:fukunishi@i-press.jpn.com

    アクセス⇒ アイプレスジャパン株式会社

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja2.jpg

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を平成29113日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================

     

    【夏至(げし) 三候】 

     初稿:乃東枯(なつかれくさかるる)621日頃
     冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。
     色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、枯れていく花に思いを寄せた、
     古人の優しさを感じる言葉です。

     次候:菖蒲華(あやめはなさく)626日頃
     アヤメが花を咲かせる頃。
     アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。アヤメ、ハナショウブ、
     カキツバタはよく似ており、非常に見分けがつきにくいです。

     末候:半夏生(はんげしょうず)71日頃
     半夏(からすびじゃく)が生える頃であり、半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃。
     農事の節目ともされており、田植えを終わらせる頃です。

     旬のもの:夏みかん(果物)、鮎(魚)、オクラ(野菜)、冷酒(ひやざけ:飲料)、
    夏越の祓(なごしのはらえ:行事)
    [
    夏越の祓]:六月の末日(晦日)は、十二月の大晦日と同じく「大祓(おおはらえ)」の日です。
    この日は各地の神社で、罪や厄災を祓う「夏越の祓」が行われ、
    茅草でつくった輪をくぐる「茅の輪くぐり」が行われます。
     こちら⇒ 
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A5%93#/media/File:Ohyamato-jinja02s3200.jpg

     

    (暦生活)

     

     【新着情報】
      ======================================================PR============
      ◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
       を開催します。

       こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ==========
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR=================================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR===================================================================
    ======================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================ 

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内