ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第717回 「第64回配布:プロセスイネーブラーの項目定義構造と定義例-2」

オープンコース案内

  • 第717回 「第64回配布:プロセスイネーブラーの項目定義構造と定義例-2」

            ~ITコンサルタント養成講座~

       第717回 「第64回配布:プロセスイネーブラーの項目定義構造と定義例-2」

     

       皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

       COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
       また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
       IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     
       今回は、「第64回配布:プロセスイネーブラーの項目定義構造と定義例-2」をお届します。


    定義2: 定義1を受けて当該プロセスの「プロセス達成目標と測定指標(KPI)」を定義します。
     IT達成目標を達成するためのプロセス達成目標を定義し、
     この目標が達成すべきパフォーマンスを測定指標(KPI)で
     計数的に目標が把握できるように設定します。

     

    定義3: 定義2のプロセス達成目標とその測定指標(KPI)が出来ると、
    プロセス達成目標の達成に向けた対策事項(「実践手法」という)の定義を行います。
    そして、各実践手法にステークホルダーの役割を割り振ります。
    この定義はRACIチャートを用いて実践手法とステークホルダーの役割を
    関係付けすることです。

     注:RACI チャートでは、誰が実行責任を持つか(R)、説明責任を有するか(A)、協議先か(C)、
    あるいは報告を受けるか(I)を特定した役割分担表です。後述します。

     当定義ステップでイネーブラー特質であるステークホルダーを確定します。

     

    定義4: 定義3RACIチャートでの実践手法を受けて、
    実践手法のインプットとアウトプットを定義することでプロセスの機能と
    他のプロセスとの連携を確認します。
    このプロセスはさらに作業(アクティビティ)へ分解することで
    プロセスの詳細定義が出来上がります。
    イネーブラー特性でいう実践手法の定義です。
    インプット、処理、アウトプットの定義と下位のアクティビティを定義します。

       注:PMBOKに当て嵌めれば、アクティビティはタスクであり、実践手法がアクティビティに近い。

     

    測定指標(KPI)で捉えると、実践手法の目標は
    プロセス達成目標の先行指標KPIであり、プロセス達成目標や
    IT
    達成目標は遅行指標KPIになります。

     

    プロセス参照モデルは、以上の記述構造でプロセスを定義しています。
    以下に定義サンプル例を取り上げて具体的に裏付けしてみましょう。

     

    回は、「第65回配布:プロセスイネーブラーの定義例を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆「古代史セミナーのシリーズ5:第3部宇佐・宗像・住吉大社」を開催します。◆◆ 
      こちらです⇒
    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20190307kodaisisiri-zu5dai3bu.jpg

      *会場⇒ アイプレスジャパン株式会社      
    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja2.jpg

      *申込先⇒ 福 西(TEL080-3918-1880)、 メール:fukunishi@i-press.jpn.com

    ===PR===================================================================

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
    ===PR===================================================================

     

     

    【清明(せいめい)】 4月4日
    二十四節気において、どんな日を清明と呼んだのか?
    こよみ便覧の記載を見てみると
    「万物はつして清浄明潔なれバ此芽ハ何の草と志る也」とあります。

    清明は「清浄明潔」を略したもので、
    清浄明潔は「万物ここに至って皆潔斎(けっさい)なり」と称されます。

    「万物ここに至って皆潔斎なり」は、「この時期は、万物がすべて明るく
    清らかである」と言い換えることで解りやすくなるかと思います。
    そして、ここでの「万物」は「さまざまな物」ではなくさまざまな草木と訳します。
    すると「発する」は芽吹くということです。

    まとめると、「様々な草木が芽吹き、すべてが明るく清らかで、
    この芽が何の草か解るようになるから(清明というの)である」となります。

    先にもあるように、芽吹くことで草木の種類が解るようにもなります。
    「雪が解け、うららかな日差しの射す中、長い冬を耐え忍んできた
    草木が芽吹き、様々な花が咲き始める」

    そんな清々しく生き生きとした季節を形容して清明と呼んだのではないかな?
    と言われてます。

    (いい日本再発見)

       

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.1対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

     

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ 
    http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです⇒ 
    inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

     

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ 
    inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです⇒ 
    http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

              -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内