ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第720回 「第67回配布:プロセスイネーブラーの定義例-3」

オープンコース案内

  • 第720回 「第67回配布:プロセスイネーブラーの定義例-3」

           ~ITコンサルタント養成講座~

       第720回 「第67回配布:プロセスイネーブラーの定義例-3

     

       皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

       COBIT5
    の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
       また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
       IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     
        今回は、「第67回配布:プロセスイネーブラーの定義例-3をお届します。


    定義2:プロセス達成目標と測定指標(KPI)の定義

    定義1のIT達成目標に向けた当該プロセスの「プロセス達成目標と測定指標(KPI)」

    を定義します。

    プロセス達成目標はIT戦略目標と整合性が取れることが必要であり、

    整合性のある測定指標(KPI)を設定することで上位と下位目標の整合性を

    付けることが可能になります。

    APO02 戦略管理プロセス」イネーブラーの定義サンプルを以下に示します。

    プロセス達成目標とKPI例です。

     

    2.プロセス達成目標

     ◆ 1.IT 戦略のすべての側面が事業体の戦略と整合している。
    この目標のKPIは、
    IT 戦略の中で、事業体の戦略に対応している目標の割合

    IT の戦略が対応している事業体の目標の割合

     

     ◆ 2.IT 戦略はコスト効率に優れており、適切かつ現実的、実行可能で
    事業体内で焦点が当てられバランスが取れている。
    この目標のKPIは、
    IT 戦略において、財務的効果がコストを上回る取り組みの割合

    IT 戦略に含まれている取り組みのROI の傾向

    IT 戦略に対する事業体のステークホルダー満足度調査における
    フィードバックのレベル

     

        3.具体的な短期的達成目標は、特定の長期的な取り組みに紐付いている。
    また、短期的達成目標は運用計画に転換可能である。
    この目標のKPIは、
    IT プロジェクトのポートフォリオの中で、IT 戦略計画を直接の拠り所と
     するプロジェクトの割合

     

        4.IT が事業体のバリュードライバーとなっている。
    この目標のKPIは、
    • 戦略的なIT の取り組みによる結果として得られる事業体の
     戦略上の目標の割合
    IT 開発の直接的な結果として生じた事業体の新たな機会の数
    • ビジネスオーナーによって推進されているIT の取り組み/ プロジェクトの割合

     

        5.IT 戦略が認識されており、IT の提供に関して 責任が明確に割り当てられている。
    この目標のKPIは、
    • スタッフの成果目標となっているIT 戦略の成果に対する達成度
    IT 戦略の周知計画の更新頻度
    • 説明責任が割り当てられている戦略的取り組みの割合

     

    回は、「第68回配布:プロセスイネーブラーの定義例-4を解説します。

     

     ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
    ===PR===================================================================

     

     

    【穀雨(こくう)三候】

      穀雨とは、地上にあるたくさんの穀物にたっぷりと水分と栄養がため込まれ、
      元気に育つよう天からの贈り物でもある恵みの雨がしっとりと
      降り注いでいる頃のことです。


     初候:葭始生(あしはじめてしょうず)
    420日頃
      水辺の葭が芽吹き始め、山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃。
      葭は、最終的にすだれや屋根などに形を変え、人々の生活を手助けしてくれます。

     次候:霜止出苗(しもやみてなえいずる)425日頃
     暖かくなり、霜も降らなくなり、苗がすくすくと育つ頃。
     田植えの準備が始まり、活気にあふれている農家の様子が連想できる言葉です。

     末候:牡丹華(ぼたんはなさく)430日頃
     百花の王である牡丹が開花し始める頃。美しく、存在感があり堂々としている牡丹。
     中国では、国の代表花として牡丹があげられ、
     数え切れないほどの逸話や美術に登場します。

     旬のもの:筍(野菜)、へびいちご(野菜)、ヤリイカ(魚)、藤(花)、八十八夜(行事)
     <
    > 筍はタケ類の地下茎からでる幼茎のことです。
         「筍」という漢字は、竹が10日間(一旬)で成長するため、
         竹の旬の時期という意味が由来であるとも言われています。

    (暦生活)

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.1対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」を発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

     

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ 
    http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです⇒ 
    inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

     

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ 
    inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです⇒ 
    http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

              -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内