ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  21.日本企業視点でのCOBIT5  >  第737回「第84回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-2」

オープンコース案内

  • 第737回「第84回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-2」

              ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第737回「第84回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-2

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    COBIT5の日本語版が20132月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
    また、近年のビッグデータ、AIIoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
    IT
    ガバナンスの要求が高まってきています。

    このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5ITガバナンスの
    中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
    進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

     

    ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
    それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
    「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。

    当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
    使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5ITガバナンス」からの抜粋です。
    ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

     

     今回は、「第84回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-2をお届します。

     

    SPAは英国MOD(英国国防省)のもとISO国際標準作成への取組が
    1993
    年開始され、1999ISO/IEC TR 15504、ソフトウエア・プロセス評価基準の
    技術報告書として完成しました。ソフトウエア開発プロセスが効果的に機能しているか
    を判定するための成熟度分析アセスメントです。SPAの考え方を解説しましょう。

    SPAでは、プロセス成熟度をプロセスの能力レベル5段階の水準としてまとめました。
    この5段階の水準はプロセス属性の達成度の累積として評価します。

    プロセスの属性とは、プロセスの能力レベルを認定する上での
    要件と考えてよいでしょう。
    SPA
    でのプロセス能力レベルの評価は「プロセスには作業生産物があること」を
    起点として能力レベル評価が水準1から開始します。

     

    例えば、「プロセスパフォーマンス」の属性は水準1です。
    プロセスパフォーマンス属性というのは、プロセスが作業生産物を
    作成しているプロセスの状態を言います。

    水準2というのは、「プロセスパフォーマンス」の属性の達成をベースに
    プロセスの「パフォーマンス管理」と「作業成果物管理」の属性が達成されている
    プロセスの能力レベルを言います。
    「パフォーマンス管理」とは、定義した目標値を達成するために、
    プロセスの実施を管理している状態をいいます。
    「作業成果物管理」とは、作業生産物を適切に、
    文書化し、制御し、検証し、生産するためにプロセスの実施を
    管理している状態を言います。

    このように、SPAでのプロセスの能力レベルは初歩的なプロセス属性から、
    段階を踏んでプロセス属性を累積することでより高度なプロセス能力レベルを
    向上させる設定になっています。
    この考え方、このプロセス成熟度の国際標準SPAは従来のCOBITの成熟度と
    比べると、成熟度をより実践的に捉えています。

    COBIT5で従来のIT成熟度の考え方が大きく変わったのは
    この成熟度の標準を採用したことにあります。

    それでは、プロセス属性の達成度はどのように評定するのかを見ていきましょう。


    回は、「第85回配布:プロセス能力モデルとその活用留意点-3を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「新IT経営の最新知識 ITC PGLVer.3.1対応版」第1版を発売◆◆ 
    令和元年5月27日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html

     電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0023284002/

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

     

     

    【秋分(しゅうぶん) 三候】 

     秋分の日を中心とした1週間が秋のお彼岸です。これから秋が深まっていきます。

     初候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)923日頃
      夏の間に鳴り響いた雷が収まる頃。
      空にはもこもことした鱗雲があらわれます。「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の通り、
      残暑も落ち着き、秋の気候へと変わっていきます。

     次候:蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)928日頃
      外で活動していた虫たちが冬ごもりの支度をはじめる頃。
      虫たちは秋冬が終わるのを、約半年間も土の中で静かに待ちます。
      そして、啓蟄の頃に再び姿を現します。

     末候:水始涸(みずはじめてかるる)103日頃
      田の水を落として、稲穂の刈り入れを始める頃。
      収穫の秋まっただなかで、大忙しですが、黄金に色づいた稲穂が輝き、
      風がなびく風景はとても美しいです。

     旬のもの:松茸(野菜)、花梨(かりん:果物)、鯖(魚)、金木犀(きんもくせい:花)おはぎ(行事)
     <
    >新鮮な鯖は身が硬く、青光りしています。
        とくに、脂ののった鯖は血液をサラサラにしてくれます。
        塩焼き、みそ煮、しめ鯖、刺身など味わい方は豊富です。

     <おはぎ>秋分の日にはおはぎがお供えされます。
        春分の日にはぼた餅がお供えされますがこの二つは同じものです。
        春は牡丹が咲くので「牡丹餅」、秋には萩が咲くため「御萩」と呼ばれています。

     

     

    (暦生活)

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

     

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内