1. ホーム
  2. IT経営書籍
  3. 古代史シリーズ5読本「日本の神社と神々」  第一部「熊野信仰と神々」を紹介

IT経営書籍

古代史シリーズ5読本「日本の神社と神々」  第一部「熊野信仰と神々」を紹介

お問い合わせ・お申し込み

古代史シリーズ5読本 第一部「熊野信仰と神々」のご紹介


 本冊子は、筆者が古代史セミナーを実施している中で、講義録を製本化したものです。
    記紀の祖神に最も関係が深い熊野の神々を探るロマンの旅です。

古代史シリーズ5読本 第一部「熊野信仰と神々」の概要

当シリーズは記紀の強く関わる代表的な神社を取り上げ、
神社の由緒を分析することで記紀の理解を深めていきます。
そうすることで、記紀の内容を裏付けし、
より深く理解することができます。

第一部は「熊野信仰と神々」を取り上げます。
熊野権現と言われる熊野三山は出雲と高天原が強く絡み合った
古代日本を代表する典型的な神社の一つです。

古代史シリーズの各シリーズは、5回の講義テーマ(各2時間)
をまとめ、そのテーマの内容が1冊の読本になっています。
基礎知識が無くてもより高度な知識習得ができる読み物にしました

 

(1) 想定する読者

 日本の古代史に興味のあるすべての方が対象です。

  1.  日本の古代史を勉強してみたいと思われている素人の方
  2.  古代史の専門的知識をお持ちで、日本の成り立ちを整理したい方
  3.  日本を創った古代の先達の偉業を整理し再確認されたい方

 

(2) 本著のねらい

本著は、すべてのシリーズでそこで取り上げる
テーマに関する複数の著名な市販本ををベースにして活用し、
その内容を要約し解説しています。
古事記、日本書紀は記述事象の裏付け等で
参考書として活用します。
読本の記述の留意点は古代史を良く知らない方に焦点を
当てますから以下の3点を挙げました。
 ◆1冊ごと、各章ごとに完結できる内容である。
 ◆古代史特有の用語はかな振りをし、重要用語は他の参照を不要とするよう
  補足記述する。
 ◆できる限り視覚的な図柄や写真を入れて、文章の理解を容易にする

(3) 読本の主要参考図書

 ・「古事記」竹田恒泰(学研)、「日本書紀」宇治谷孟(講談社)
 ・「日本の歴史本当は何がすごいのか」田中英道著(扶桑者)
 ・「なぜ八幡神社が日本で一番多いのか」 島田裕巳著(幻冬舎)
 ・「熊野大神」加藤隆久監修(戎光祥出版)
 ・「徐福伝説を探る」日中合同シンポジウム(小学館)
 ・「日本史図録」(山川出版社)

 

2. 本著の構成

 

本著は、古代史シリーズ5第一部「熊野信仰と神々」のテーマを
5回のサブテーマに系列で章に割り振り、テーマ内容を完結しています。

読本の構成は以下の通りです。

第一章 「熊野権現と神々」      
 熊野信仰の熊野もうでの由来と熊野三山の熊野権現の神々の全体観を捉える。

第二章 「熊野信仰の礎」              
 熊野信仰の修験道、信仰者、そして熊野神の垂迹縁起をたどる。

第三章 「熊野速玉大社の神々と由来」        
 熊野三山の神々の基礎にある熊野速玉大社の神々とその由来を把握する。

第四章 「熊野那智大社の神々と由来」        
 熊野修験道の根幹にある死霊の山「熊野速玉大社の神々」。
 神や浄土を見た滝行、補陀洛浄土信仰を捉える。

第五章 「熊野本宮の神々と由来」 
 熊野信仰の中核にある神仏習合実践の熊野本宮の神々と
 記紀との整合性を読む。

おわりに


本著の詳細構成は、以下の通りです。


第一章 「熊野権現の神々」

 第一話 神社の一般知識
 第二話 熊野詣の由来
 第三話 熊野権現
 コラム:「神代七代と別天神」

第二章 「熊野権現の神々」

 第一話 修験道
 第二話 熊野信仰の支援者
 第三話 熊野垂迹縁起
 第四話 出雲の熊野神社
 コラム:「熊野牛王宝印」

第三章 「熊野速玉大社の神々と由来」

 第一話 上四社社殿
 第二話 新宮の伝承
 第三話 熊野漂着伝説
 コラム:「徐福伝説」

第四章 「熊野那智大社の神々と由来」

 第一話 社殿構成(上四社)
 第二話 那智の伝承
 第三話 修験者逸話
 コラム:「補堕落渡海(ふだらくとかい)」

第五章 「熊野本宮大社の神々と由来」

 第一話 社殿構成(上四社)
 第二話 家津御子大神と本宮祭神
 第三話 本宮の伝承
 第四話 本宮の祭事(本宮例大祭)
 コラム:「六道輪廻と仏」

(注)出版本の古代シリーズ第一部「熊野信仰と神々一部参照できます。

 

3.提供媒体と販売形態

 ◆PDF版にて提供(B5版 全68ページ) アマゾンにてご購入が可能です。
   USBメモリーで郵送します。(令和4年11月初旬発売予定)
 ◆電子書籍版にて提供(B5版 全68ページ)提携企業の(コンテン堂)
   にてダウンロード可能です。

4. 弊社販売価格

  PDF版: 1,000円(消費税10%含み)
  電子書籍:1,100円(ダウンロード、消費税10%含み)

 

5. 申し込み方法

  ①PDF版での提供:提携出版社アマゾンでのお申込みになります。(令和4年3月初旬発売予定)    

  ②電子書籍版での提供:提携出版社コンテン堂出版サイトから
           ダウンロードでのお申込みになります。

 

6. お支払い方法

  ◆PDF版をご購入の場合

   ①提携出版社 アマゾンになります。
   ②お支払いは、アマゾンの決済ルールに従ってください。

  ◆電子書籍版をご購入の場合

   ①提携出版社 コンテン堂出版サイトからダウンロードになります。
   ②お支払いは、コンテン堂の決済ルールに従ってください。

  ◆その他:当該出版本についての疑問点や要望等は、
       弊社への問い合わせでご相談ください。1両日中には回答を差し上げます。



このページの先頭へ